【コスパ最強】新型セレナ、購入3ヶ月レビュー。各オプションを解説します。

新型セレナを購入して3ヶ月が経ちました。

購入したのは通常のセレナ。こちらのタイプです。

この3ヶ月で約3,000km走行し、その中で各オプションの詳細・使用感・良し悪しを解説していきます。

 

主な装備

今回ぼくが購入したセレナには機能性にこだわりました。

機能性にこだわった末、予算がなくてハイウェイスターを諦めた感じです。

ぼくのセレナについてる主な装備はこれ!(標準装備含む)

  • 同一車線自動運転技術。プロパイロット
  • インテリジェントパーキングアシスト
  • スマートルームミラー
  • エマージェンシーブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • デュアルバックドア
  • 快適パック(2・3列目USBソケット、パーソナルテーブルなど)
  • オートブレーキホールド
  • 後席専用モニター

なんかいろいろついてますが、ひとつづつ解説します。

 

同一車線自動運転技術、プロパイロット

新型セレナの魅力と言ったらこれですね。

プロパイロットとは、

高速道路での、単調な“渋滞走行”と長時間の“巡航走行”。
セレナのプロパイロットは、この2つのシーンで、ドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御。
高速道路の運転で感じていたあのイライラやストレスが大幅に減るので、家族でのロングドライブが、これまで以上に楽しみになります。

引用:日産株式会社

わかりやすく言うとクルーズコントロールにハンドル支援がついたバージョンです。

これがものすごく便利で、高速道路での使用が条件ですが同じ車線ならハンドルもアクセルもブレーキも操作しなくていいので長時間のドライブが本当に楽になります。

高速道路での長時間ドライブは疲労が溜まりがちで眠気を誘う事があるのですが、プロパイロットがあれば運転に余裕が出るので周りの景色を楽しむことや音楽を流しながら同乗者の方と盛り上がることも出来ます。

ただ、注意点としましてまだ完全な自動運転にはなっていないです。

法律上の問題なのかもしれませんが、ハンドルを握っていないと自動運転が解除されてしまいます。矢沢永吉さんの出てるCMのように両手は離せません。まあ、握ると言っても軽く触れているぐらいでも大丈夫なので実質は握るというより触っていればいいような感覚ですね。

あとは、車線を認識しきれず自動運転が解除されますし、ふらつくことがあります。ふらつくといっても多少のことなので慣れれば気にならない程度ですが、初めはすごく心配になります。この辺は動画とかで見るとわかりやすいかもしれないので次回以降に詳細記事にします。

プロパイロットに関していろいろ問題はありますが、慣れてしまえばものすごく便利な機能ですのでセレナを購入するなら絶対に付けたほうがいいです。

 

インテリジェントパーキングアシスト

引用:日産株式会社

駐車を自動で行ってくれる機能ですが、正直この機能は殆ど使えません

ハンドルを自動で切ってくれるだけでアクセルとブレーキの操作は自分で行わなければなりませんし、十分なスペースと時間がなければ駐車出来ません。

試しに何度か使ってみたのですが、一度も成功しませんでした。

障害物があってもそれを避けてくれませんし、前進しきれないと元の場所に戻ってくるだけです。

自分で駐車したほうが断然早いです。ですので、この機能は正直いらないですね。

 

スマートルームミラー

引用:日産株式会社

この機能ですが、初めはいらないと思ったんですけど使ってみたらなかなかいい機能でした。

ルームミラーを後部座席に乗せている子供に合わせておけば、カメラをオンにしたら後方、オフにしたら子供を確認できるのでかなり便利です。

また、荷物を上まで積んでも後方が確認できるのは嬉しいところです。

問題点としては、カメラをオンにしても鏡に映っているものが若干見えてしまうところと、雨が降っていて、水滴がカメラに付いてしまったら何も見えなくなります。

ただ、問題点は慣れてしまえば気になりません。もし、オプションで付けようか迷っているなら付けたほうがいいです。

 

エマージェンシーブレーキ・踏み間違い衝突防止アシスト

 

引用:日産株式会社

この機能は試せてません。危険すぎます。

日産の営業の方に確認したところ、かなりの急ブレーキで本当に危ないそうです。試さないように念を押されました。

こちらは標準装備なので安全面を考えると嬉しい機能ですね。

 

デュアルバックドア

引用:日産株式会社

これもほんとに便利です!しかも標準装備なのがいいですね。

駐車場でバックドアを開けられないシーンって結構あると思うんですが、これなら解決します。余程狭い駐車場ではない限り開閉可能です。

また、スマートルームミラーをつけていれば荷物を上まで積んでも大丈夫と、よく考えられているなと関心しました。

 

快適パック

引用:日産株式会社

何か色々ついてますねw

正直なところちょっとやり過ぎな感じがします。例えば8人乗りの車にカップホルダー12個って異常ですよねw

まあ、あるに越したことはないしパーソナルテーブルとか結構便利なので予算がある方は是非装備しておいたほうがいいです。

 

オートブレーキホールド

オートブレーキホールドとは、信号待ちなどで車を停車させた際に、ブレーキから足を離してもブレーキを保持してくれる機能です。

人によって好き嫌いが別れると思いますが、ぼくはこの機能がなかなかお気に入りです。

長い信号機や踏切などでは足が離せると本当に楽です。

いやいや、別にちょっとの間だから踏んどけばいいじゃん!ってなりそうですが一度体験したらわかります。とにかく楽なんです!

ただ、1つだけ問題点があって交差点を曲がる際に一旦停止をするとそのままブレーキを保持しているので発進する際にもたつく場合があります。これは慣れが必要で、妻は慣れないせいかこの機能は使っていません。

好き嫌いが別れるので一度試乗車などで体験してみて下さい。

 

後席専用モニター

これは説明がいらないぐらいメジャーになってますよね。

引用:日産株式会社

長時間のドライブで子供がぐずる時に活躍します。

ぼくもこのモニターに何度助けられたことか。。。

子育て世代には必需品の装備です。

 

おまけ:ハンズフリーオートスライドドア

今回ボクが購入したセレナにはこの機能はつけていません。

正確には付けられなかったのですが、エアロの部分にセンサーが搭載されているので、この機能はハイウェイスターじゃないと付けられないのです

どうしてもこの機能が欲しい方はハイウェイスター一択になります。

プロパイロットとハンズフリーオートスライドドアがセットになっている特別仕様車もあるので是非検討してみて下さい。

 

まとめ

色々と長くなりましたが、セレナ超おすすめです。

他社メーカーのミニバンと比較しても本体価格は変わらないのに様々なオプションを選べるので選択肢が広がりますよね。

セレナと他メーカー比較

車は高い買い物なので悩みますよね。この記事が参考になれば幸いです。

中古車を購入するという選択肢もあると思います。

ですが、プロパイロット付きは出たばかりですし、人気の商品なのでまだ中古が出てませんね。

もしかしたら中古が出るかもしれないのでチェックしてみるのもありですね。
中古車探すならサイトが見やすいガリバーがオススメです。

今後も、プロパイロットあたりをもっと詳しく紹介していく予定ですので是非見て下さい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です