モルタル造形ネームプレートを使ったウェルカムプレートの作り方。

いつも使っているDIYのレシピ投稿サイトの「DIYREPi」で、モルタル造形ネームプレートのモニターに当選しました。

※DIYREPiの詳しい使い方はこちら→DIYレシピ投稿サイト「DIYREPi」が使いやすくておすすめ。

モルタル造形ネームプレートでリバーシブルのウェルカムプレートを作成したので、作り方をご紹介します。

完成はこんな感じ。

こちらの記事では詳しく作り方を紹介しています。簡単な説明でいいという方はこちらからどうぞ

 

ウェルカムプレートの作り方

届いたモルタル造形ネームプレートはこちらです。

まずはこれを白に塗っていきます。小口と裏面を塗り忘れないように気をつけましょう。

今回は水性塗料のnuroを使用しました。コンクリートに使用出来る塗料ならなんでもいいです。

 

次にステンシルをしていきます。

市販のステンシルシートを使ってもいいですし、自分で作ってもいいです。

ぼくは、ラベルシールに好きなフォントで印刷して切り絵ナイフで切り抜いて使っています。

 

ステンシルをするとこんな感じになります。

裏はこんな感じ。

ここで注意点なんですが、モルタルの表面がデコボコでステンシルがはみ出てしまうと思います。

そんな時は細い筆ではみ出た部分を白く塗って下さい。多少雑でも遠くから見たら綺麗に見えるので大丈夫です。

 

これでウェルカムプレートは完成です。

 

台座の作り方

続いて台座を作っていきましょう。

まず材料を切り出します。

土台となる板です。写真はW250✕D120。端材を利用したので穴をパテで塞いでいます。

こちらは21∅丸棒。長さは適当です。

あと、写真撮り忘れて申し訳ないですが、背板もカットします。ネームプレートがお好みの角度になる高さに調節して下さい。

次に土台の板に丸棒用の穴を開けます。

下辺と側辺から240㎜程の位置に線を引き、交わったところに穴を開けます。

線を引くにはストッパー付き直尺がオススメです。宛がうだけで同じ位置に線が引けるので簡単に墨付けが出来ますよ。

 

線が交差しているところを中心に丸棒と同じ経の穴を開けます。

後は、角の面を取って木工ボンドで接着しましょう。

ボンドが乾いたら台座の完成です。お好みで着色するといいかもしれませんね。

これで完成です!ネームプレートを乗せるとこんな感じです。

 

まとめ

モルタル造形ネームプレートがあれば簡単に作成出来るので是非チャレンジしてみて下さい。

モルタル造形ネームプレートはこちらから購入できます。

今回使った工具・材料は下記からどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です