恐るべし生命力!ベンジャミンの若葉が大量に生えてきたので剪定してみた。

先日可児市の日本ライン花木センターで購入したベンジャミンですが、若葉が大量に生えてきてえらいことになってしまいました。

丸くてかわいい形だったのにいつの間にか見るも無残な形に、、、もう全然かわいくなくなってしまったので今回は自分で剪定をして形を整えてみました。

 

選定する前の様子

見てくださいこれ!!

全然かわいくないでしょww

よく見てもらうとわかるんですが、濃い緑色が最初の葉っぱで黄緑色が新しく生えてきた若葉です。

こいつら均等に生えないんですね。なんかどんどん長くなっていきます。ほかっておくとえらいことになるみたいですので気をつけましょう。

 

剪定に必要な物

剪定を行う前に必要なものを揃えましょう。

剪定バサミ

 

剪定ばさみだけでもいいのですが、ベンジャミンはゴムの木の仲間なので枝を切ると白い樹液が出てきます。皮膚の弱い方ですと、かぶれたりするみたいですので軍手などで直接触らないようにした方がいいです。

 

あとは、室内で行う場合に汚れないように新聞紙などを下に敷いておくといいです。

 

剪定方法

剪定は至って簡単です。伸びた部分を切っていくだけ。

注意点としては、丸く剪定するのが少し難しいので一気に切らずに少しずつ全体を見ながら切っていったほうがいいです。

もし誰かに見てもらいながら行えれば安心ですね。

ぼくは妻に見てもらいながら切りました。

一応こんな感じに仕上がっています。

剪定前と比べるとなかなかうまく行ったと思います。

 

まとめ

剪定はものすごく面倒な作業かもしれませんが、こまめに行なったほうがいいです。放置しすぎてどこを切ったらいいかわからなくなる前に剪定をしましょう。

自分で手をかけることで愛着も湧いてきますので是非挑戦してみて下さい。

 

また、ベンジャミンが気になってる方はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です