Adobe Premiere Proを使った我が家のホームビデオ編集方法。

我が家ではビデオカメラで子供の成長の記録をしています。

ですが、そろそろ記憶容量がいっぱいになりそうなのでこれを期にDVDへデータを移すことを決心しました。

ビデオカメラに入れっぱなしでデータが飛んでしまったらショックで立ち直れる自信がなかったのもありますw

ぼくは、仕事で使う事もあってAdobeCCを契約していて、Premiere Proを使ってホームビデオの編集にチャレンジしたので今回はその備忘録です。
たよれーるAdobe Creative Cloud

本当に簡単に編集していますし、これは、ぼく流の編集なので参考になるかわかりませんので、ご了承ください。

 

編集方法

今回は簡単に編集をしていくので、動画同士を繋いでチャプターを付けていくだけの作業を行います。

まず、Premiere Proを起動して新規プロジェクトをクリック。

任意の名前を付けてOKをクリック。

次に、メディアブラウザーからファイルを選択してタイムラインへドラッグアンドドロップします。

動画が表示されたところで、①アウトへ移動→②マーカーの③チャプターマーカーを追加とクリックしていって下さい。

任意で名前を付けてOKをクリック。

正直名前はいらないと思いますが、わかりやすくするためにつけてもいいです。

赤いチャプターマーカーがついたと思います。

あとは動画をつなげてチャプターを付けるを繰り返していけばOKです。

 

動画の書き出し

ついでに動画の書き出し方法についてもざっと説明します。

ファイル→書き出し→メディアをクリック。

書き出し設定の画面が開きますので、形式をMPEG2-DVD(Blu-ray)へ変更。

品質を100まで引き上げて、最大深度に合わせてレンダリングにチェックを入れます。

続いてビットレートエンコーディングをVBR、2パスへ変更。

最高レンダリング品質を使用にチャックを入れて書き出しをクリックすれば完成です。

この書き出し方法で書き出したファイルをDVDへダビングして下さい。

書き出し方法には様々な方法があります。スマホで見れるようにするためには違った書き出し方法がありますので注意が必要です。

そちらの方法もいつか記事にまとめます。いつになるかわからないのでググったほうが早いと思いますw

 

 

まとめ

あくまでも自己流ですので参考程度に。。。もっといい方法があれば追記していきます。

ホームビデオって溜まりがちなので是非とも編集してDVDへ残しておくことをオススメします。

データが消えてから後悔するのだけは避けたいところですよね。

もし、他にいい方法をご存じの方はコメント下さい。

AdobeCCは他にもIllustratorやPhotoshopなど使い放題なのでオススメですよー

まだ未加入の方はこちらからどうぞ→常に最新ソフトが使える!大塚商会のAdobe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です