郡上市商工会主催「創業塾」2日目【ビジネス成功のための基礎知識〜戦略編〜】

今回も郡上市商工会主催、「創業塾」の2日目に参加してきました。

 

前回の記事はこちら 創業塾1日目

 

初めに

前回不参加だった方が4名参加されました。

ですので、再度講師の山瀬さんの自己紹介と不参加だった方のために全員が自己紹介をしました。

自己紹介は全員の前に出て発表するような形で行われます。1日目も何回か全員の前で発表する機会があり、だんだんと人前で発表することに慣れてきました。

山瀬さん曰く、経営者になれば人前で発表する機会が多くなるので、今のうちに慣れておくように発表する機会をたくさん設けているそうです。

 

今回は「ビジネス成功のための基礎知識ー戦略編ー」ということで、戦略とは何か?どうやって戦略を立てていくのか?という内容で講習が進んでいきました。

 

経営における戦略とは?

経営における戦略とは、経営環境を予測して行動すること。

経営環境とは市場動向や世の中の動き。

つまり、市場動向、時代の流れ等を先読みして計画・行動をすることです。

常に情報収集をして、アイデアを出し、実践することが大切とのことでした。

 

詳しい内容を有名企業の例を上げてわかりやすく話をして頂きました。

話の中で印象に残っているのは「常に打席に立つこと」という言葉です。

スポーツに例えると、いくら優秀な選手でも試合に出なければ試合感はなくなり衰退していく。強いチームのベンチ選手より、弱いチームのスタメン選手のほうが試合感がある。

経営者も常に打席に立って試合感を失わないようにしないといけないそうです。

このように経営に役立つような言葉も織り交ぜながら講習が進みますので、とても聞きやすい内容になっております。

 

まとめ

ざっと内容を書きましたが、これから創業しようと思っている方にはとても参考になる内容です。

 

特に、すでにやりたいことが決まっている方はより具体的な計画が立てられる内容でした。

私もやりたいことは決まっていたのですが、なんとなくのイメージしていたものが具体的な戦略に変わったので、今回の講習はとても意義のある講習でした。

 

次回は「ービジネス成功のための基礎知識ー資金編ー」でとても重要な内容になると思いますので、しっかり自分に落とし込めるよう真剣に講習を受けてきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です